理念

~幸せを形に~

「幸せに形を」と言い換えた方がいいかもしれません。
幸せ、優しさ、愛情、友情など人の気持ちは目に見えません。
しかし確かに存在することを私たちは知っています。
そんな、これと言った決まった形が無いものに、形を与えたいと思っています。
最高の思いに最高の形を!

時には、プロポーズの現場に撮影隊として同行したり、思い出のアルバム写真を片っ端から見せていただいたりするかもしれません。
映像作品を作成する前に、時間をかけて、形にしたいモノ(幸せ、優しさ、愛情、友情など)を取材させていただきます。

「映像研究所5」の名前の由来
「えいぞうけんきゅうしょ ファイブ」とお読みください。
この5(ファイブ)というのは、生まれ育った地元の地名「五津(いつつ)」から取りました。
奈良県大宇陀の地名で、ハッキリ言って田舎です。
しかし、ここから、皆様に喜んでもらえるクオリティーの作品・感動できる作品をお届けしたいと思っています。
少し恥ずかしいですが、
「幸せ、優しさ、愛情、友情など人の気持ちは目に見えませんが、確かに存在する」と信じており、そういったものを発信するには、やはり生まれ育った地元をホームベースにすべきだと信じています。
私は、ここで育ちここで成長しました。親も、そのまた親もそうでした。
ここで生活し、日々の暮らしの中・何気ない生活の中に喜びがあり、悲しみがあり、愛情、友情、別れなどありました。
故郷へのこだわりは、映像制作の根底にあるこだわりにもつながると感じているので、五津(いつつ)=ファイブ という連想で、映像研究所ファイブと名のっています。